子供の習い事

子どもが習い事を始めるタイミング

子どもの習い事は、いつごろから始めるのがよいと多くの人は思っているのでしょうか。
習い事の調査を調べると、中には1歳になる前の子どもでもお母さんと連れ立って行くこともあります。
幼稚園に保育園といったものに通園する年になると、約20%の子どもが何らかの習い事を始めるようになります。
小学生になるのと同時に始めるケースが一番多いですが、中学年・高学年に上がってからやり出す人も割合としては多いようです。
中学校入学前の約65%の子どもが習い事を行っているという数値が確認されています。
小学校中学年の子どもでは、習い事の内容が一変します。
低学年までの子どもには、スイミングにサッカーといったスポーツ系のものや、ピアノやバイオリンなどの文化系のものを選ぶ傾向にあります。
でも中学年になった時には、学習塾に通い始める子どもが非常に増えてきます。
この動向は子どもの成長につれて著しいものとなり、中学生になってしまうと習い事の多くが学習塾になっていきます。
幼い間は、体力や運動能力をつけることが目的で選んだり、子どもの好きなものを選んで通わせることが多いことが知られています。
高学年になると、勉強に対する親の考えが加わって成績を上げる目的で学習塾に行くことになる子どもが圧倒的に増えるのです。
でも学習塾と一言で言っても、目的が受験合格か学力アップかによって、行かせる学習塾のタイプが分かれてきます。
学習塾と同時に他にも教室などに通う子どものケースも多くあり、学力強化だけではなく運動系や芸術系の力ものばしたいと思う親も非常に多いようです。
子どもにも安全なウォーターサーバーの選び方は放射能を心配する方から支持を得ています。


ページランク別相互リンク